ジャパンネット銀行のカードローンATMはどこで利用できる?

10万円借りる
ジャパンネット銀行は専用のカードローンATMを持っていませんが、全国にある提携ATMで自在に借り入れすることができるようになっています。現在はカードローンでなくネットキャッシングがローン商品として取り扱いをしていますので、どのようにキャッシングするのか詳細をみておきましょう。
まずは携帯やパソコンからログインします。その後ローンを選び極度型ローンメニューに進みます。さらに極度型ローン借入を選び借り入れ希望金額を入力するだけです。その後借り入れ希望した金額が、自分のジャパンネット銀行の普通預金口座に入りますのでそれを引き出すことによって借り入れ完了となります。
現金を借り入れすることができる提携ATMにはどういったところがあるのでしょうか。まずは三井住友銀行のATM、@BANKのATM、さらにセブンイレブンなどに設置してあるセブン銀行、コンビニATMイーネット、ゆうちょ銀行が提携ATMとなっています。これらを利用する際には手数料がかかる場合もあります。
毎月初回の出金はどの提携ATMでも出金額にかかわらず手数料はかかりません。しかし、2回目以降の出金は3万円未満ならゆうちょ銀行ATMは315円、それ以外のATMは157円となります。3万円以上の出金はいずれも手数料がかかりません。
利用時間はゆうちょ銀行以外は24時間利用できることがほとんどですが、一部メンテナンスの時間があるATMもあります。利用前に確認しておいたほうがよいでしょう。ゆうちょ銀行は平日と土曜日は0:05から23:55まで利用可能なのですが、日曜日、祝日は0:05から21:00となっていますのでご注意ください。

関連記事

銀行から土地を担保にお金を借りる

自分の所持する住宅やアパート、土地などを担保にして借入をする不動産担保ローンを利用するするとき、あなたは何を基準にして選ぶでしょうか?選択する方ごとに、基準にする項目はそれぞれだと思います。そこで、銀行の不動産担保ローンを中心にして、金利・借入可能額・最長借入期間などの項目を比較してみました。

<オリックス銀行>

金利(年率):変動3.675%、固定3.30~3.500%

借入可能額:1,000千万~1億円

最長借入期間:35年

<住友SBIネット銀行>

金利(年率):変動4.9~8.8%

借入可能額:300万~1億円

最長借入期間:25年

<楽天銀行>

金利(年率):固定3.79~9.69%

借入可能額:100万~3,000万円

最長借入期間:25年

<東京スター銀行>

金利(年率):変動2.350%、固定2.950~3.050%

借入可能額:100万~1億円

最長借入期間:20年

手軽に借入できるフリーローンなどとは対照的に、高額の借入が可能なところが不動産担保ローンの特徴です。そして、高額の借入をした場合、無理なくしっかりと返済ができるかがポイントになります。したがって、ゆっくりと返済をしていきたいのならあばオリックス銀行、金利をなるべく抑えたいのならば東京スター銀行がおすすめになります。

ひとつ覚えておきたいのが、不動産担保ローンは審査に多少の時間がかかるので、即日融資はできない場合が多いことです。この点には注意してください。

関連記事